カテゴリー別アーカイブ: 引越し

ワンルームから一軒家に帰る引越しとは

一軒家からワンルームに行くという目的はとても様々で実家から出て一人暮らしをする方も出張のために家族の元を離れて単身赴任するという方もいます。一軒家からワンルームに向かう際には自分が一軒家側にいるため都合を合わせたり家族が手続きをしてくれたりと自分では荷造りのみ行ったという方も多くいらっしゃいます。
そこで今回はワンルームから一軒家への引越しの注意点についてお話致します。


一人暮らしで増やしたものを家族に伝える

一人暮らしの期間が長ければ長い程自分の独断で物がどんどん増えていきます。一人暮らしではとても自由なので自分の好きなように部屋をカスタマイズ出来ますし食器なども家族分のことを考えて買わずにすむため揃いのものをチョイスする必要もありません。単身赴任で一人暮らしを行っていたという方は物が増えることはあまりありませんが、通学するために実家を出たという方の場合はその先で洋服や家具をどんどん増やすということがとても多いのです。
しかし一人暮らしの場合はワンルームでもお風呂場や玄関・トイレなど固有の部屋も自由に使うことが出来ますが家族がいる一軒家では共有スペースとなるため独断で物を置くことは出来なくなってしまいます。こういった場合に物が多いと引越しの際に料金も多くかかり置く場所がないのに一軒家に持って行くことになってしまうため、家電や家具など大きなものが増えている場合には引っ越しの際に処分をするか家族と相談するようにしましょう。


引越し先に持って行くものは使い勝手をメインに考える

一人暮らしをしていると自分の家電や家具に愛着が湧くため簡単に捨てることが出来なくなる場合があります。そこでおすすめなのは一軒家に今あるものと交換するという方法です。一軒家で新しく買い換えていなければ一人暮らしをするにあたり買ったものは一軒家にあるものよりも新しいものとなります。使い勝手や新品であるという部分をしっかり考慮した上で今一軒家側にあるものと交換することも視野に入れて引越しをしましょう。特に購入した際に金額が高いものは買い取り価格が思いのほか低く損をしてしまうという場合がとても多いので、どうせ古いものと同じくらいの買い取り価格になってしまうのであれば自分の家に新しいものを用意した方が得すると言えます。

ワンルームから一軒家なら全部引越し出来るだろうとお考えの方はとても多くいらっしゃいますが、意外と一軒家に持って行くと物が多くて収納出来ないということがとても多いのです。必要ないものまで一緒に引越しせずに必要なものだけ・収納出来るものだけ一緒に引越しするようにきちんと選別するようにしましょう。

正しい引っ越し業者への発注

引っ越しの仕事を発注するなら、運送業の法的認可を受け、国土交通省の標準的約款に掲げられている手付金や予約代金などの禁止条項を遵守している引っ越し業者と契約することが一番安心できます。日常生活に欠くことのできない大切な品物の輸送をお任せするので、引っ越し経験が豊富で地域に定着し評判の良い業者を選ぶことがお勧めです。

<低料金にだけ目を奪われないことです>

引っ越しする際に最も大切なことは、梱包や輸送による品物の損傷や紛失等の発生を起こさず、約束の日時に移転先に送り届けることにあります。また万一事故に遭遇しても、手厚い補償が受けられることも重要な要素です。これらの事が守られないような引っ越し業者は、いくら引っ越し料金が安くても事故が発生して際に、満足な補償が得られないこともあるので注意が必要です。

<作業量に見合った適正な料金>

正しく正確に引っ越し作業を実行するには、それなりに料金がかかる事を理解し、事前調査で把握した平均的な料金を参考に、ほぼ納得できる料金の提示があれば相手がしっかりした実績のある引っ越し業者であれば、無理な値段交渉はしないで気持ちよく契約することが、その後の作業をスムーズに進める原動力になります。営業マンはその業者の顔であり、契約者との印象が良ければ会社に帰ってからの、関係者への契約履行に関する指示が友好的な内容になります。

本当は避けるべき繁忙期の引越し

一年の中でもっとも引越しが混み合うのは、進学・就職・転勤などが影響する三月、四月です。業者の料金が安くなる閑散期に引越しをするのが理想ですが、事情が許さず、繁忙期に依頼せざるを得なくなる人が多いのが現実です。


<サービスの質が下がる繁忙期>

閑散期には、一件でも多く依頼をとりたいために料金を安くする業者が増えますが、書き入れ時の三月、四月はここぞとばかりに高い料金を提示します。しかし料金の割には作業のクオリティが低いという事態が発生します。なぜなら、業者側の人員不足により、派遣社員やアルバイトを即戦力として使うようになるからです。
さらに足りないのは人員だけでなく、トラックも確保できなくなってきます。引越し専用ではないトラックを使用することがあるので、大きな家具を運ぶときなどは、その強度が心配になります。


<繁忙期との付き合い方>

まずはインターネットの業者比較サイトを使ってだいたいの最安値を知り、できるだけ優良な業者を探すよう心がけましょう。それに加えて検討すべきことは、引越しの日取りや時間帯、荷物の量などで、妥協できる点がないかということです。特に混雑するのが春休みに突入する三月下旬から四月初旬であるため、たとえば三月中旬の平日を指定し、さらに確実な時間指定ができない午後便を選べば、繁忙期ピークとの料金差は大きくなるでしょう。

どうしても春の繁忙期に引越しをしなければならない場合には、まだ予約に余裕のある一か月以上前に業者とコンタクトを取り、相談を進めることが望ましいです。

引越しの一括見積もりの利用で気を付けるべき点

引越し料金の安い業者を見つけるのに最適なのが一括見積もりサービスです。しかし、一括見積もりサービスでも注意して利用しないと、少々めんどくさい対応をしなくてはなりません。


<見積もりを依頼した所から大量の電話が来る>

一括見積もりを依頼すると、当然依頼された方はお仕事を請け負いたいために、訪問見積もりの段取りまで持って行こうとするはずです。そうなりますと、大量の電話が引越し業者かから掛ってくることになるのです。基本的には一括見積もりを依頼した所から全て電話が掛ってくるようになります。大量の電話の前に少々、煩わしさを感じるかもしれません。迷惑な電話を避けたいのでしたら、一括見積もりサービスの利用は控えたほうが良いかもしれません。


<登録している業者が必ずしも信頼性があるとは限らない>

一括見積もりサービスに登録している業者は当然、ある程度信頼のおける所が登録されています。それでも、中には悪徳な業者も居るので十分に注意しておく必要があります。業者選びの際には評判の方もある程度知っておいた方が良いかもしれません。このように引越しも積もりサービスも便利である反面で、デメリットや欠点もありますので、それを念頭に利用するべきです。

忘れてはいけない引越しの前日までにしておくこと

引越しの準備はいろいろと大変です。忘れてしまうと引っ越し作業がスムーズにいかなくなってしまうこともあります。そうならないためにも、準備はしっかりしないといけません。忘れてはいけないのに忘れがちなのが冷蔵庫の電源を抜くことです。


<冷蔵庫の電源を抜かないとどうなる?>

冷蔵庫の電源は前日に抜いておき、霜を取っておかなければなりません。しかし、冷蔵庫は前日まで使用しているもので、電源をなかなか切ることができませんね。電源を切って霜取りをしておかないと、当日霜が解け出し、水がたくさん出て作業の妨げになってしまうのです。冷蔵庫の中は2〜3日前から整理をし始め、中のものがなくなるようにしましょう。後はアイスボックスなどを利用するようにして、電源を切っておきましょう。


<前日に忘れずにしておいた方がいいこと>

冷蔵庫だけではなく、洗濯機も電源を抜いてホースなどのコード類をまとめておきましょう。また、当日は引越し業者への支払いがあったり、食事にかかることもあるので、お金の用意は余裕を持ってしておくようにしましょう。挨拶に伺う際の手土産なおの用意も忘れずにしておきましょう。寝る前には、明日の段取りのチェックや引越しの流れなどを確認しておくと安心ですね。

自分で引越しをするのもアリ!

引越しをされる方の中には、ご自分でされる方もいらっしゃるみたいですよ。
その理由は、引越し費用を浮かすことが出来るとか業者に運んでもらうほど家具を持っていないといった理由みたいです。
確かに業者にお願いをして運んでもらうほどの荷物でないと、気が引けてしまいますものね。
そこで、レンタカーなどを借りて運ぶ方もいらっしゃるみたいです。


好きな時に引越し出来る

ご自分で引越しをされる時のメリットとしては、ご自分が好きな時に引越しすることが出来るところだと言われています。
確かにご自分で作業されるので、お好きな日にちに行なう事が出来て良いかと思います。
雨が降ったら違う日にちに変更することもできますので、非常に良いかと思いますが、デメリットもありますので知っておきたいですね。
やはりいいところがあるという事は悪いところもありますので、それを忘れずに。


デメリットについて

まず、免許証や車をお持ちでない方はこの方法を利用できないという事ですね。
そして、ご自分で家具を運びますので傷つけてしまった時などのトラブルが起きてしまったら、自己責任という事になります。
ご自分で家具などを運びますので、体力的にどっと疲れてしまうと言った面もあります。
男性でしたらまだ良いかもしれませんが、女性には少々きついかと思います。

引越しについて気になることはありませんか?

春先などになりますと引越しされる方が多いかと思いますが、引越しについて気になることってありませんか?
例えば費用とか荷物の片付け方とか、ちょっとしたことも気になりますよね。
ちなみに、午前に引越しをするよりも午後の方が費用が少し安くなることを皆さんはご存知ですか?
その業者によっては多少割引をして下さるところもあるそうですので比較的に負担を減らしたい方は、前もってネットなどで調べてみることをお勧めします!
電話にて問い合わせるのもおすすめです。


引越しの荷物はどう片付ければ良いの?

荷物を片付ける時が一番大変だったりしますよね。
何からしまっていけばよいのか悩んでしまう方も多いかと思いますが、まずは大型家具からしまっていけば良いのだそうです。
家電製品などそういったものからしまっていき、使わなくなったものはその場で処分をするなりオークションに出して引越しの費用に足すなど工夫をしてみるのも良いかもしれないですね。
必要最低限のものだけを残してしまっていけば効率が良いかと思います。


後日行うことはなに?

後日行う必要があるのは、住民登録などの各種手続きです。
もちろん、引越しをされる前にも行うべきことなのですがこちらも忘れずに行うようにして下さい。
段ボールなどの荷物はいっぺんに当日片付けるのではなくて休日などに終わらせた方が効率が良いかもしれませんね。
少しずつ片していくというやり方でも全然かまわないと思います!

引越しで届け出る書類は?

引越しでは荷物だけでなく、転居届などの書類も提出しなくてはいけません。ガスや水道も契約を書き換えるなど、細かいことも必要となってきます。引越しで予め連絡しておくべき場所、後回しにしてもいい書類などをご紹介します。


引越し前に済ませたい手続き

まず、転居届が必要です。今住んでいる家の最寄りの市区町村で、転居手続きを行い、書類を発行してもらいます。その後、新居の市区町村にこの書類を持っていくことで転入届を受理してもらうこととなります。大切な紙なのでなくさないようにしましょう。また水道やガス、郵便局などへも届けを出しましょう。郵便局へ転居届を出さないと、前の住所に届いてしまった荷物の転送を受けることができません。気を付けましょう。


新居入居後で大丈夫な手続き

国民年金や保険、印鑑登録の移動などは引越し後で大丈夫です。また運転免許証など、自分の身分証にもなるものは、なるべく早めに行うようにしましょう。引越し業者の中にはガスや水道などの使用中止、使用開始の手続きを代行してくれるサービスを行っているところもあります。上手に活用して、引っ越し前後の負担を減らせるといいでしょう。公的な書類は自分で行わなくてはいけませんから、早めに役所などへ行くようにしましょう。

【参照URL】
引越し業者の検索ちゃん(http://www.hikkoshi-search.biz/)
引越し業者を比較するなら「引越し業者の検索ちゃん」がおすすめ!

引越しの際にすることの順番

引越しは一緒のうちに、そこまで沢山するものではありません。ですから、引越しと言っても何から始めたらいいのか分からないですよね。ここでは、引越しが決まったらしなくてはならない事、それを簡単にお教えしましょう。


まずは、引越し日程を調節する

理由は様々だと思いますが、急な引っ越しも焦ることはないのです。まずは、日程を先に決めましょう。引越しは急いでも良いことはありません。しっかりと余裕のあるスケジュールを組むことが大切です。時間に余裕があれば、物件をじっくりと吟味できますし、資金についても余裕が出来ることでしょう。急がなくてはならない時もあるかとは思いますが、できる限り時間の余裕を、そして気持ちに余裕を持ちましょう。


物件は必ず自分の目で見る

今ではインターネットですぐに物件を見ることが出来るようになりました。周辺情報も入手しやすく、写真を見ることも可能です。ですが、必ずしてほしいこと。それはどんなに物件が遠くても、実際に一度そこに行くことです。物件、そして周辺の状況を自分の目で確認するのです。これは本当にとても大切なことなのです。その町の雰囲気というものは、インターネットで確認するのと、肌で感じるのでは大きく違います。失敗の内容、少し面倒でも、出向くことが必要なのです。

一人身の引越し事情

引越し業者は数えきれないほど存在していますが、いずれの会社も単身者向けのプランやコースなど大変力を入れているところが多いです。荷物量が少なくてあまり料金もかからない単身者の引越しにここまで力を入れるのは、単純に申込者が多いからでしょう。進学や就職をきっかけにして住み慣れた家から離れるという場合には一人での引越しが基本です。そういった層に向けてお得なオプションサービスを多数揃えているのです。だからこそ単身者の方はこの様なサービスを使わない手はありません。


単身引越しサービスで簡単・手軽に

単身者向けに作られた引越しサービスというのは運べる荷物量が限られていますが、ダンボール10箱分以内に荷物が収まる様でしたら問題ありません。それ以上の荷物になってしまった場合は要らないものを捨てるなどして、極力荷物の量を減らしましょう。


一人なら料金も圧倒的に安い

距離や荷物量によって当然料金も変わってきますが、それでも一人身の引越しというのは圧倒的な低料金で済ませることができます。平均的に5万円前後と言われており、さらに繁忙期を避けて安い時期に上手いことやり繰りすればもっと価格は安くできるでしょう。これから新しい場所で新生活を過ごそうと思っている方はこういったサービスの利用を検討してみてくださいね。

引越しを成功させる方法

サラリーマンとして会社に勤めていると、突然の辞令により、転勤をしなくてはならないという場合は大いにあり得ます。その時にまずはしなくてはならないこと。それは引越しです。


引越しを急いではならない

引越しをする、即ち、あなたはそこの場所で新たな生活を始めるのです。これはじっくりと考えなくてはなりません。まずは家ではなく、場所です。会社から近いのか、買い物する場所は近いか。銀行はあるか。地域的に多い住民層はどのような感じか。家を探す前に、その土地のことを確認する必要があります。生活をしてみなくては分からない事ではありますが、少しでもその地域の情報は収集することが大切です。


まだ心配な場合はマンスリーマンション

調べても、それでも心配な場合は、マンスリーマンションがお勧めです。もちろん費用が掛かりますから、全ての人が出来ることではないですが、マンスリーマンションに住み、その地域で済むという疑似体験をするのです。そうすると、近隣の住民や、深夜の街の状況、情報収集しただけでは分からなかったことが沢山出てくるはずです。そこで、ここで大丈夫と感じれば、間違いないでしょう。ここまでしなくてはならないの?と思うかもしれませんが、あなたが毎日生活をする場所です。やりすぎという事は無いでしょう。

引越し料金を抑えたいあなたに

秋と春は引越しのシーズンと言われているようです。引越しは多くの方が頻繁に行うものではありません。ですから、知識が豊富な方というのは周りに少ないのではないでしょうか。業者の知識を深める事でよりお得に引越しできますよ。


引越し業者の絞込み

引越し業者を決める時についつい、名の通った有名処だけを検索していませんか。大手の業者さんはサービスレベルが高い事は確実ですが、「コスパ」という事になると小規模業者や地域密着型の業者の方が優れているという事もあるようです。まずは、大手・小規模・地域密着型から1、2社ずつ候補に挙げていきましょう。こうする事で、引越しする地域や自分の求めるサービス対応に優れた業者を比較しやすくなります。


訪問見積はチャンス

まずは、ネットの見積サイトを利用します。その後さらに絞って訪問見積を行う業者を選出していきます。訪問見積では、追加料金の有無やトラブル発生時の対応など細かな対応まできちんと確認しましょう。また、見積書は総額ではなく項目ごとに比較していきましょう。矛盾点を見つける事ができれば料金を下げる事も可能です。また、一番安い業者に即決定するのではなく、他業者に掛け合って交渉する事によりさらに料金を下げる事も夢ではありません。