月別アーカイブ: 2014年8月

本当は避けるべき繁忙期の引越し

一年の中でもっとも引越しが混み合うのは、進学・就職・転勤などが影響する三月、四月です。業者の料金が安くなる閑散期に引越しをするのが理想ですが、事情が許さず、繁忙期に依頼せざるを得なくなる人が多いのが現実です。


<サービスの質が下がる繁忙期>

閑散期には、一件でも多く依頼をとりたいために料金を安くする業者が増えますが、書き入れ時の三月、四月はここぞとばかりに高い料金を提示します。しかし料金の割には作業のクオリティが低いという事態が発生します。なぜなら、業者側の人員不足により、派遣社員やアルバイトを即戦力として使うようになるからです。
さらに足りないのは人員だけでなく、トラックも確保できなくなってきます。引越し専用ではないトラックを使用することがあるので、大きな家具を運ぶときなどは、その強度が心配になります。


<繁忙期との付き合い方>

まずはインターネットの業者比較サイトを使ってだいたいの最安値を知り、できるだけ優良な業者を探すよう心がけましょう。それに加えて検討すべきことは、引越しの日取りや時間帯、荷物の量などで、妥協できる点がないかということです。特に混雑するのが春休みに突入する三月下旬から四月初旬であるため、たとえば三月中旬の平日を指定し、さらに確実な時間指定ができない午後便を選べば、繁忙期ピークとの料金差は大きくなるでしょう。

どうしても春の繁忙期に引越しをしなければならない場合には、まだ予約に余裕のある一か月以上前に業者とコンタクトを取り、相談を進めることが望ましいです。