ワンルームから一軒家に帰る引越しとは

一軒家からワンルームに行くという目的はとても様々で実家から出て一人暮らしをする方も出張のために家族の元を離れて単身赴任するという方もいます。一軒家からワンルームに向かう際には自分が一軒家側にいるため都合を合わせたり家族が手続きをしてくれたりと自分では荷造りのみ行ったという方も多くいらっしゃいます。
そこで今回はワンルームから一軒家への引越しの注意点についてお話致します。


一人暮らしで増やしたものを家族に伝える

一人暮らしの期間が長ければ長い程自分の独断で物がどんどん増えていきます。一人暮らしではとても自由なので自分の好きなように部屋をカスタマイズ出来ますし食器なども家族分のことを考えて買わずにすむため揃いのものをチョイスする必要もありません。単身赴任で一人暮らしを行っていたという方は物が増えることはあまりありませんが、通学するために実家を出たという方の場合はその先で洋服や家具をどんどん増やすということがとても多いのです。
しかし一人暮らしの場合はワンルームでもお風呂場や玄関・トイレなど固有の部屋も自由に使うことが出来ますが家族がいる一軒家では共有スペースとなるため独断で物を置くことは出来なくなってしまいます。こういった場合に物が多いと引越しの際に料金も多くかかり置く場所がないのに一軒家に持って行くことになってしまうため、家電や家具など大きなものが増えている場合には引っ越しの際に処分をするか家族と相談するようにしましょう。


引越し先に持って行くものは使い勝手をメインに考える

一人暮らしをしていると自分の家電や家具に愛着が湧くため簡単に捨てることが出来なくなる場合があります。そこでおすすめなのは一軒家に今あるものと交換するという方法です。一軒家で新しく買い換えていなければ一人暮らしをするにあたり買ったものは一軒家にあるものよりも新しいものとなります。使い勝手や新品であるという部分をしっかり考慮した上で今一軒家側にあるものと交換することも視野に入れて引越しをしましょう。特に購入した際に金額が高いものは買い取り価格が思いのほか低く損をしてしまうという場合がとても多いので、どうせ古いものと同じくらいの買い取り価格になってしまうのであれば自分の家に新しいものを用意した方が得すると言えます。

ワンルームから一軒家なら全部引越し出来るだろうとお考えの方はとても多くいらっしゃいますが、意外と一軒家に持って行くと物が多くて収納出来ないということがとても多いのです。必要ないものまで一緒に引越しせずに必要なものだけ・収納出来るものだけ一緒に引越しするようにきちんと選別するようにしましょう。